中国生活日記

2018年に江蘇省南通市に来た日本人会社員。1年が経過したのをきっかけにブログを始めました。

博物館の特別展「張謇展」と「南大芸術院展」

いよいよ春節休みも今日が最後です。

長いようで、あっという間に終了....

今日は散歩ついでに南通博物館に行きました。

f:id:pijiu:20210217173713j:plain

思った程は混雑してなかったです。

f:id:pijiu:20210217173943j:plain

昨年の11月には習近平主席も来館されました。

f:id:pijiu:20210217173821j:plain

今回の目的は特別展、「張謇展」と「南通大学芸術院展」。

f:id:pijiu:20210217174204j:plain

まずは2階の張謇展から

博物苑内の張謇氏旧邸に行けば、彼の功績などの展示が

ありますが、習近平主席の来館を記念して開催していると

思われます。

f:id:pijiu:20210217174612j:plain

張謇氏は清朝末期より中華民国初頭にかけて活躍しました。

f:id:pijiu:20210217175053j:plain

張謇氏が力を入れた分野に教育があります。彼の作った学校の紹介。

f:id:pijiu:20210217175144j:plain

南通博物館も張謇氏が設立しました。

南通博物館は張謇氏が1905年に設立した中国初の

公共博物館です。

その他にも師範学校や気象台など、多くの中国初の

学校や施設の設立に貢献しました。

f:id:pijiu:20210217175504j:plain

中国初の公共博物館であることを説明する展示。

f:id:pijiu:20210217180118j:plain

昔の博物館の写真

張謇氏については、海門の記念館に行ったブログでも

紹介しています。

展示物の豊富さは海門の記念館が圧倒的に多いです。

 

続いては、1階で開催中の南通大学芸術院展です。

f:id:pijiu:20210217180553j:plain

1階の奥の方の展示室になります。物品販売の隣が入り口。

f:id:pijiu:20210217180923j:plain

広々とした会場に絵画を中心に、書画などの展示もあります。

f:id:pijiu:20210217181134j:plain

丑年らしい水墨画

f:id:pijiu:20210217181228j:plain

こちらは水彩画です。右の作品は春らしい作品。

f:id:pijiu:20210217181539j:plain

版画の展示もあります。

f:id:pijiu:20210217181615j:plain

油絵の大作の数々

f:id:pijiu:20210217181826j:plain

書画も素晴らしい作品ばかり

南大芸術院の展示は、教授や講師などの先生方の

作品の様です。たぶん学生の作品は無かったと思います。

もしかすると数点はあるかもしれませんが分かりません。

南通博物館の絵画展は何度か見ましたが、今回の作品は

なかなか良かったです。

今回紹介した2つの展示会の入場は無料です。

南大芸術院展は2/28まで、張謇展の期限は分かりません。

興味のある方は早めの来館をお勧めします。

 

⬇️ポチッと押して頂けるとありがたいです

にほんブログ村 海外生活ブログへ