中国生活日記

2018年に江蘇省南通市に来た日本人会社員。1年が経過したのをきっかけにブログを始めました。2021年10月から浙江省平湖市に転居。2022年3月に帰国しました。

最後の給料受け取りが大変でした

好久不见!

久しぶりのブログです。

中国での3月分の給料の受け取り手こずりました。

困っている方のお役に立てばと思い報告します。

 

今までの給料の日本への送金はこちら⬇


3月11日までの給与は、4月にいつもの建設銀行に

振り込まれました。

これまでも長期の休みで日本に一時帰国した際に、

給料日が重なった時は、送金できないので日本の

ATMで引き出してました。

具体的には中国国内で発行した中国銀行中国工商銀行

カードを使ってセブンATMで引き出してました。

なので、今回も疑いもなく建設銀行のカードを持ってATMへ。

最近は駅やショピングセンターなど、至るところにセブンATMがあって便利♫

 

南通の会社では兴业银行が給料の振り込み先でしたが、

中国銀行から日本に送金する都合があり、中国銀行にも

口座を持っていました。

平湖の会社では振り込み先の建設銀行の口座を作りました。

この時は相当苦労して口座開設しました。

今思えば、建設銀行とはずっと相性が悪い気がします....。

苦労話はこちら⬇


 

建設銀行のカードを挿入し早速残高確認。ちゃんと振り込まれてました。一安心...。

以前、私と同じように中国企業で働いていた日本人の

友人から、会社を辞めた後で最後の給料が振り込まれなかった

話を聞いていたので少し心配してました。

中国では給料の遅延、未払いはよくある話です。

安心したのもつかの間。現金を引き出そすとするとエラーになります...。

このATMが駄目なのかと思い、他のセブンATMでも

試しましたが、やはり同じメッセージが出て引き出せません...

 

次に銀行アプリを使って、実績のある中国銀行RMB

移動することにしました。

中国の銀行はアプリを使っての他行への振り込みは手数料無料!

振り込みはいつもやっていたので、問題ないだろうと

思っていましたが、ここでも問題が...

振り込み時にワンタイムパスワードをショートメッセージで

送られて来るのですが、全く届かず。

数回操作を繰り返しましたが諦めました。

 

仕方ないので、建設銀行の東京支店に行ってみます。

東京駅の丸の内出口から歩いてすぐの場所にあります。

窓口の担当者は日本語のできる中国人の様ですね。

早速、事情を説明して、中国側に原因を聞いてほしいと

お願いしましたが、同じ銀行名だが日本側では対応不可。

自分で電話するように言われました。(結構冷たい対応)

仕方なく自分で電話することに。

電話をかけましたが、中国語も英語もさっぱり理解できず速攻諦め。

今度は、南通の知り合いに、口座を作った南通の支店に

電話してもらいました。しかし、コロナのためにロックダウン

されており店舗も休業中...。

ロックダウンが解除されてから、再度電話してもらうと、

引き出せない原因が判明!

中国国外のATMで銀行カードを使って現金を引き出す設定に

なっていないとのこと。解除するのは本人が窓口に行く

必要があります。 万事休す...

 

ダメもとで、最後にショートメッセージに問題無いかを

確認することに。早速、南通の知り合いに送信。

でも何度送っても届かないとのこと。

もしかすると思って、スマホの使用量をチャージしてみます。

WeChatのメニューからスマホ料金の課金を選んで30元チャージ。

再度、南通の友人にシュートメッセージを送りました。

すると今度は受信できたと返信来ました!

ショートメッセージが使えなかったのは料金不足だった様ですね。

何度か確認して少し残っていたので、最初は疑いませんでしたが、

残高の反映が遅かったみたいです。

 

このあとは、前述した銀行アプリを使って建設銀行から

中国銀行に全額振込みし、中国銀行のカードを使って

セブン銀行から日本円で引き出しに成功!

ようやく3月分の給与が手元に入りました。

中国国外でRMBを引き出す場合には限度額がある様です。

(100万円ぐらいだったかな...)

また一日に引き出せる限度は10万円です。

ご注意ください。

 

これから中国の銀行で口座を開設される方は最初から

国外でのATMで引き出せる設定にした方がいいです。

また既に口座をお持ちの方もご確認を。

これで、相性の悪い建設銀行とも縁切り出来そうです。

 

⬇️ブログランキング参加中。ワンクリックをお願いします。

 

にほんブログ村 海外生活ブログへ